学生キャッシングは業者の個性が出ます

年々、新規顧客開拓のために、学生キャッシングができる業者が増えてきました。

しかし学業が本分であり、労働の時間をあまり取れない学生が対象だけあって、スタンスは業者によって違います。

元からキャッシングは業者によって利息や審査基準などに差が出ますが、業者ごとに出る個性が特に大きいのが学生キャッシングです。

まず年齢ですが、基本的にキャッシングは20歳以上が対象で、19歳以下の未成年は安定収入のある社会人でも行っていません。

学生でも同じように20歳以上でないと貸さない業者もあれば、親に承認を貰って連帯保証人になってもらえば18歳でも利用できる業者もあります。

20歳以上の学生なら親の承認や勤務情報が不要な業者があったり、20歳を超えていても学生なら親の承認と勤務情報や親の住所が必要になる業者もあります。

これらはあくまで学生本人を一顧客として考えるか、学生本人越しに親への貸付と見なすか、という業者ごとのスタンスの違いでしょう。

20歳以上でないとダメな業者は親の承認がなくても大丈夫な所も多いですし、親の承認があれば18歳でも利用できる業者は、20歳を超えても学生の間は親の承認が必要であったりします。

このスタンスの違いは借りる側の都合にも影響が大きいので、学生キャッシングを利用したいなら、業者選びは業者の情報を入念に集めて行う必要があります。