総量規制対象外とはどのような意味が

キャッシングサービスにおいては貸金業者であれば貸金業法において、総量規制というのが課せられることになりますから、これは借りる側にも大きく影響してくる事になります。これは端的にいえば収入に対してこの割合を超える金額を貸すことは駄目、としているものであり、簡単にいえば年収の三分の一を超えない金額となっています。

つまりは、年収が300万円の人は100万円までしか借りることができないわけです。しかし、この総量規制対象外となる事柄もあります。それが纏めることであり、返済をすることを目的に複数の借り入れを一つに纏めるときには総額で年収の三分の一を超えてしまう場合でも一つの貸金業者から借りてもよい、業者は貸しても良いとなっています。