キャッシングの返済方法は自分で工夫すれば完済が早まる

キャッシングをしている人は、貸付金利については把握している人が多いものの、毎回返済時に元金と利息がいくら支払っているか把握している人は少ない現実があります。10000円返済した時に、利息が4000円だったならば元金は6000円返済したことになります。随時返済を組み合わせて20000円の支払いにすれば、元金は16000円返済したことになるので、毎回の返済額をなるべく多くした方が、早く元金を減らせることが分かるでしょう。

多くの貸金業者が残高スライドリボルビング方式を採用しているのは、返済額を少なくすることで、返済回数を増やして総利息額を最大化するためです。逆手に取って、毎回随時返済を追加することで、元金を一定に増額する払い方をすれば、何回の支払いで完済出来るのか計算が出来るわけです。

残高スライドリボルビング方式で最小返済額を払い続けた時に、支払い回数が何回になるのか即答出来る人は余程数学が得意な人に限られます。借入残高に応じて最小返済額が減少する仕組みですから、結果的に返済総額が増えてしまっても気付かないことになります。毎月一定額の元金を返済する元金均等払いを随時返済追加により、自ら行えば完済が早まると知っておくと良いでしょう。